「防災が当たり前の世の中」に向けて、ダサい防災界をおしゃれでやりたくなる防災へとゲームチェンジするソーシャルスタートアップです。
現在は全国・海外にいる防災意識高い20〜30代の女性を中心として以下事業を中心に活動を広げています。
1、若者・女性の防災コミュニティ育成・形成
アプローチ・コミュニティ化しづらいとされている20~30代の若者や女性の防災コミュニティを形成し、全国に防災計画を考え実行する人や緊急時に動ける人材を育成し増やしています。鈴鹿市ではすでに「防災ガールママ・鈴鹿市」を年間を通じてコンサルティング・設立支援をしています。あらゆる行政や企業と今後コラボし、2020年までに20~30代の若者の10人に1人が防災へのアクションをできていることを目指します。

2、次世代版避難訓練プログラムの企画・提供
地域内で起きうる災害について学びながら地域の防災・災害に関する場所を巡るミッションをIngressという「ナイアンティック・ラボ」が開発した位置情報ゲーム上で行うプログラムを企画・企業や行政に提供しています。それぞれに指定の場所に足を運びミッションクリアを目指すとともに、ゲーム終了後には避難経路や避難場所についてディスカッション・全体で共有することで学びを深め、本質的であり参加者が主体的に参加できるプログラムとなっています。

3、わかりやすく読みたくなる情報発信
防災についての情報をインフォグラフィック等を活用してわかりやすく読みたくなるような発信をしています。Facebookでは約5000Likesがあり、毎週定期的に発信をしています。また、HPのコラムで女性が欲しくなるような防災グッズ等を紹介しています。

4、商品開発
いままでの防災グッズは持ちたくなるデザインではなかったという背景もあり、「防災をもっとおしゃれに、普段から持ちあるけるものを」というコンセプトで私たちがプロデュースした防災グッズブランド「SABOI」を企画・販売。帰宅困難になったときに、 普段ヒールをはいている若者のために開発した、長距離を歩くのに役に立つ折り畳めるパンプス。特に外出時に被災する可能性が高いことを背景に持ち歩けるものにした、災害時に女の子にとって必要なアイテムをポーチサイズの女の子のための防災ポーチ等。

5、イベント・講演
他団体とそれぞれのキーワードや強み...
「防災が当たり前の世の中」に向けて、ダサい防災界をおしゃれでやりたくなる防災へとゲームチェンジするソーシャルスタートアップです。
現在は全国・海外にいる防災意識高い20〜30代の女性を中心として以下事業を中心に活動を広げています。
1、若者・女性の防災コミュニティ育成・形成
アプローチ・コミュニティ化しづらいとされている20~30代の若者や女性の防災コミュニティを形成し、全国に防災計画を考え実行する人や緊急時に動ける人材を育成し増やしています。鈴鹿市ではすでに「防災ガールママ・鈴鹿市」を年間を通じてコンサルティング・設立支援をしています。あらゆる行政や企業と今後コラボし、2020年までに20~30代の若者の10人に1人が防災へのアクションをできていることを目指します。

2、次世代版避難訓練プログラムの企画・提供
地域内で起きうる災害について学びながら地域の防災・災害に関する場所を巡るミッションをIngressという「ナイアンティック・ラボ」が開発した位置情報ゲーム上で行うプログラムを企画・企業や行政に提供しています。それぞれに指定の場所に足を運びミッションクリアを目指すとともに、ゲーム終了後には避難経路や避難場所についてディスカッション・全体で共有することで学びを深め、本質的であり参加者が主体的に参加できるプログラムとなっています。

3、わかりやすく読みたくなる情報発信
防災についての情報をインフォグラフィック等を活用してわかりやすく読みたくなるような発信をしています。Facebookでは約5000Likesがあり、毎週定期的に発信をしています。また、HPのコラムで女性が欲しくなるような防災グッズ等を紹介しています。

4、商品開発
いままでの防災グッズは持ちたくなるデザインではなかったという背景もあり、「防災をもっとおしゃれに、普段から持ちあるけるものを」というコンセプトで私たちがプロデュースした防災グッズブランド「SABOI」を企画・販売。帰宅困難になったときに、 普段ヒールをはいている若者のために開発した、長距離を歩くのに役に立つ折り畳めるパンプス。特に外出時に被災する可能性が高いことを背景に持ち歩けるものにした、災害時に女の子にとって必要なアイテムをポーチサイズの女の子のための防災ポーチ等。

5、イベント・講演
他団体とそれぞれのキーワードや強みを生かしたコラボイベントの実施や防災ガールとしてイベントの出演や登壇をはじめ、TV・ラジオ・新聞への掲載や特集の中でのアドバイスやコメントも行っています。「防災意識高い女性」「ソーシャルベンチャー」という目線として、より若者の生活や目線に近づいたものをお伝えしています。
More information